Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正攻撃サイトが急増、ワンクリック詐欺が過去最高 - セキュアブレインまとめ

不正改ざんサイトに占めるドライブバイダウンロード攻撃の割合が上昇し、55.7%と半数を超えた。また4月は、個人サイトの被害が企業サイトを上回ったが、今回は企業が56.3%、個人が41.1%となり、再び企業の被害が6割弱にのぼっている。

同社は最近の傾向としてSEOポイズニングの多発を挙げている。大規模な自然災害や事故、著名人の死などが報道にあわせ、検索結果の上位に関連を装う不正サイトが登場していた。

複数のサイトを経由させたり、リファラーをチェックして検索結果からのアクセスではない場合は正規サイトへ転送するなど、セキュリティ対策ソフトの検知を逃れる攻撃手法が確認されている。

(Security NEXT - 2011/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス