Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NCSグループ、IT資産管理ソリューション「IP-guard」の取扱を開始

ネットワーククリエイティブサービス(NCS)とネットアンドコムシステムクリエイション(NCSC)は、台湾のTEC Solutions製IT資産管理ソフトウェア「IP-guard」の取り扱いを開始した。

同製品は、15のモジュールで構成されたIT資産管理ソリューション。ログ取得のほか、システムをカーネルレベルで管理できる。TEC Solutionsの日本法人であるTEC Japanでは、今回の協業を通じて拡販を進める。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応