Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

明和製紙原料、機密書類処理に特化した処理工場「けすぷろ」を稼働 - 1キロ30円から

明和製紙原料は、大阪市淀川区に機密書類の完全廃棄とリサイクルに特化した処理工場「けすぷろ」を6月14日より稼働させる。

今回稼働を開始する処理工場は、機密書類の廃棄とリサイクルに特化したもので、静脈センサーや監視カメラなどセキュリティ設備を備えた完全密閉型の工場。人の目に触れず処分でき、機密保持契約書や機密書類リサイクル証明書を発行する。

ファイルやバインダー、ホッチキスの分別は不要で、段ボール箱ごと処分できる。依頼者による予約、持ち込みのみ対応し、見学ルームで持ち込んだ書類の処理いついて確認できるサービスも用意した。

料金は1キロ30円から。7月1日まで、処理費用が無料になるオープニングサービスを実施する。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術
「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー
NTTコムウェア、クラウドベースのマイナンバー管理ソリューション
ALSOK、マイナンバーの運用管理を支援するソリューション
日立、管理から帳票作成まで対応するマイナンバー管理代行サービス
大塚商会、中小企業向けに「らくらくマイナンバー対応システム」
黒い特殊のりでDMなどの印字情報隠す「ケスペタ」 - シヤチハタ
アスクル、細断片が飛び散らない業務用シュレッダーを発売
パナソニックSSJ、iPhoneに対応したMDMサービス最新版 - Androidではウイルス対策も可能に