Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社でサーバへの不正アクセスが判明 - 任天堂

任天堂の米子会社において、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の情報が流出していたことがわかった。

ハッカーグループ「LulzSec」が、同社サイトへ侵入したもので、通常のアクセスでは閲覧できないサーバの設定ファイルが公開された。同グループは今回の攻撃についてTwitterでも言及していた。

また同グループでは、米Sony Pictures Entertainmentに対しても、サーバへの不正侵入を行っており、顧客情報漏洩のおそれが6月3日に判明している。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE