Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニクサン、10Gbpsのフルパケット保存に対応したフォレンジック製品を発売

ニクサンは、ネットワークフォレンジック機能を提供するアプライアンス製品「NetDetector Alpine」の最新版を住商情報システムを通じて6月7日より発売する。

同製品は、ネットワーク上のすべてのトラフィックを保管することで、攻撃の兆候をリアルタイムで監視したり、事後の原因究明に活用できるフォレンジックソリューション。保管したパケットからウェブやメール、telnetなどのアプリケーションを再現できる。

最新版では、高速マルチコアプロセッサやマルチスレッドOS「NIKOS」を採用。パフォーマンスを向上により10GbpsのEthernetに対応した。XFPを2ポート搭載でき、最大20Gbpsに対応する。

取得したパケットを保存するストレージの容量についても増強し、最小2Tバイトから、フラッグシップモデルでは、最大180Tバイトまで拡張できる。

またネットワークパフォーマンス管理、通信パケット分析おに対応したネットワークの性能監視や管理に利用できる「NetVCR Alpine」を用意。同製品についても10GbpsのEthernetのパケットキャプチャに対応しており、最大180Tバイトまで拡張できる。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用