Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニクサン、10Gbpsのフルパケット保存に対応したフォレンジック製品を発売

ニクサンは、ネットワークフォレンジック機能を提供するアプライアンス製品「NetDetector Alpine」の最新版を住商情報システムを通じて6月7日より発売する。

同製品は、ネットワーク上のすべてのトラフィックを保管することで、攻撃の兆候をリアルタイムで監視したり、事後の原因究明に活用できるフォレンジックソリューション。保管したパケットからウェブやメール、telnetなどのアプリケーションを再現できる。

最新版では、高速マルチコアプロセッサやマルチスレッドOS「NIKOS」を採用。パフォーマンスを向上により10GbpsのEthernetに対応した。XFPを2ポート搭載でき、最大20Gbpsに対応する。

取得したパケットを保存するストレージの容量についても増強し、最小2Tバイトから、フラッグシップモデルでは、最大180Tバイトまで拡張できる。

またネットワークパフォーマンス管理、通信パケット分析おに対応したネットワークの性能監視や管理に利用できる「NetVCR Alpine」を用意。同製品についても10GbpsのEthernetのパケットキャプチャに対応しており、最大180Tバイトまで拡張できる。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ