Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを標的にしたマルウェアが4倍に - 多くの端末が未対策

ジュニパーネットワークスは、携帯端末のセキュリティ動向に関する調査を取りまとめた。

スマートフォンをはじめとする携帯端末を狙った攻撃やマルウェアに関する研究を行っている同社の専門機関が、「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書」を取りまとめたもの。

レポートによれば、企業や一般ユーザーの携帯端末に対する攻撃が記録的な伸びを見せており、なかでもAndroid端末を標的とした攻撃は2010年夏以降400%と急激に増加している。Wi-Fiを狙った攻撃も高い水準を見せている。

端末のマルウェア感染の最大原因はアプリケーションのダウンロードで、感染したマルウェアの17%は、有料サービスにSMSを自動送信するものだった。

(Security NEXT - 2011/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を