Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、PDF用電子証明書を大幅に値下げ

GMOグローバルサインは、PDFファイルの署名用電子証明書「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」を値下げした。

同製品は、PDFの電子署名を行うための電子証明書で、「Acrobat Reader」で追加ソフトを利用せずに署名内容や改ざんの有無を検証を行うことが可能。USBトークンに格納して利用でき、認証局など構築せずに利用できる。

事務作業の効率化によるコスト削減や、署名回数の上限を調整することで価格を見直した。

個人向けの証明書では、1年契約で1500回まで署名できる証明書について、同社では従来18万9000円で提供していたが、今回の価格改定により、署名回数を1000回までとし、4万8300円で提供する。

また法人向けに提供する証明書は、1年契約で5000回まで利用できる証明書(75万6000円)について、利用回数を3000回へ変更し、8万8200円で提供する。個人、法人契約いずれも、より割安な複数年契約のプランを用意している。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション