Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、PDF用電子証明書を大幅に値下げ

GMOグローバルサインは、PDFファイルの署名用電子証明書「PDF文書署名用証明書 for Adobe CDS」を値下げした。

同製品は、PDFの電子署名を行うための電子証明書で、「Acrobat Reader」で追加ソフトを利用せずに署名内容や改ざんの有無を検証を行うことが可能。USBトークンに格納して利用でき、認証局など構築せずに利用できる。

事務作業の効率化によるコスト削減や、署名回数の上限を調整することで価格を見直した。

個人向けの証明書では、1年契約で1500回まで署名できる証明書について、同社では従来18万9000円で提供していたが、今回の価格改定により、署名回数を1000回までとし、4万8300円で提供する。

また法人向けに提供する証明書は、1年契約で5000回まで利用できる証明書(75万6000円)について、利用回数を3000回へ変更し、8万8200円で提供する。個人、法人契約いずれも、より割安な複数年契約のプランを用意している。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE