Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PSNに対する不正アクセスは既知の脆弱性に対する攻撃 - ソニー

ソニーグループが提供するオンラインゲームサービス「PlayStation Network」やコンテンツ配信サービス「Qriocity」が不正アクセスを受けた問題で、ソニーは5月1日に記者会見を開催した。

問題の不正アクセスは、4月17日から19日にかけて発生し、会員情報が外部へ漏洩した可能性があることが判明したもの。

同社は、4月26日に不正アクセスについて発表したが、5月1日にあらためて記者会見を開催して謝罪し、不正アクセスの原因や今後の対応について説明した。

同社によれば、今回不正アクセスを受けたのは、グループ会社であるSony Network Entertainment International(SNEI)が米カリフォルニア州のサンディエゴにあるデータセンターで運営しているサーバ。

(Security NEXT - 2011/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ