Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、フィルタリング機能搭載ブラウザのAndroid版を発売

ネットスターは、Android端末向けにアクセス制限機能を装備したブラウザ「NetSTAR ビジネスブラウザ」を5月末より提供を開始する。

同ブラウザは、フィルタリング機能により業務と関係ないサイトや危険なサイトへの接続を制限するブラウザ。法人向けに提供し、アクセス制限のポリシーを一括管理することが可能で、アクセスログのレポート機能を利用することができる。

2010年12月から「iPhone」や「iPad」向けに提供しているが、5月末より対応プラットフォームに「Android 2.2」を追加した。

プラットフォーム関係なくクラウド上で一元管理することが可能で、年額利用料は5ユーザーの場合、1万8900円。

(Security NEXT - 2011/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS