Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、独自ノウハウ盛り込んだ「災害発生時の事業継続ガイド」を公開

ラックは、事業継続に関する情報を取りまとめた「災害発生時の事業継続ガイド」を公開した。

同ガイドは、事業継続に関連する問題について、危機管理の面から推奨する行動について取りまとめたもの。

「危機管理体制の整備」「災害時に業務を継続する方法」「情報犯罪対策」といったテーマで構成されており、同社のノウハウをもとに、被害対策や回避策、情報セキュリティの要所など盛り込んだという。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加
情報漏洩対処の平均コスト400万ドル - CSIRT活用で40万ドル抑制
富士通、事業継続や投資面から企業のセキュリティ計画を支援
2015年国内セキュリティ製品市場規模は2699億円 - 前年比4.9%増
2015年度セキュリティ市場予測、前年度比5.9%増となる5466億円
官民参加のサイバー防御演習「CYDER」 - 運用を考慮した攻撃対応力の養成目指す
事業継続性競う「Hardening 10 ValueChain」が11月に開催