Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む会員名簿を営業活動中に紛失 - 兵庫信金

兵庫信用金庫は、山の街支店の従業員が、顧客情報948件含む会員名簿を紛失したと発表した。

紛失したのは、2010年12月31日時点の会員名簿で、同支店の顧客948人の氏名、住所、電話番号、顧客番号などが記載されていた。

3月4日、従業員が営業活動のため持ち出し、夕方になって紛失していることに気付いた。訪問先や支店内などの捜索を行ったが、発見されなかったという。

営業活動中に誤って紛失した可能性が高いとして、対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。また同金庫では、会員名簿の持ち出しを禁止し、持ち出し資料の点検やルールの見直しなど、再発防止策を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
元職員が個人情報含む内部情報を持ち出し - 農畜産業振興機構
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大