Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、「電力使用状況グラフ」を公開 - 節電の効果実感や啓発目的で

東京電力は、「電力の使用状況グラフ」を同社サイト内で公開した。1時間ごとの使用実績やピーク時の供給力を表示し、節電への協力を呼びかける。

同グラフでは、同社管轄内における当日の電力使用実績を1時間ごとに棒グラフで表示。同時に、前日と前年同日の実績についても、折れ線グラフで表示している。

ページ内には、当日のピーク時供給力も掲載することで、節電や計画停電への協力を呼びかける。グラフは日本語版のほか、英語版も用意している。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開