Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、「電力使用状況グラフ」を公開 - 節電の効果実感や啓発目的で

東京電力は、「電力の使用状況グラフ」を同社サイト内で公開した。1時間ごとの使用実績やピーク時の供給力を表示し、節電への協力を呼びかける。

同グラフでは、同社管轄内における当日の電力使用実績を1時間ごとに棒グラフで表示。同時に、前日と前年同日の実績についても、折れ線グラフで表示している。

ページ内には、当日のピーク時供給力も掲載することで、節電や計画停電への協力を呼びかける。グラフは日本語版のほか、英語版も用意している。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら
自家発電用燃料、約1週間分を手配できる見込み - さくら
自家発電中のさくら石狩DCに一部電力供給が再開
地震影響で全域停電の道内DC、自家発電でサービス継続 - 追加燃料の調達急ぐ
未明の北海道地震、全域で停電 - データセンターにも影響