Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国主要サイトへのDDoS攻撃が収束 - 日本国内への攻撃は確認されず

韓国において、3月4日に発生した主要サイトをに対する大規模なDDoS攻撃は、収束に向かっている。

問題のDDoS攻撃は、韓国内のP2Pサイトなどで拡散したマルウェアへ感染したパソコンから韓国内の政府機関や公共機関、企業などを狙った大規模な攻撃が発生したもの。40サイトが攻撃対象となった。

アンラボによれば、3月4日以降、DDoS攻撃自体は沈静化して収束に向かっているが、マルウェアが証拠を隠滅するため、感染したパソコンのデータを破壊しており、同社では駆除ツールの提供を行う予定。

また今回のDDoS攻撃について、日本国内を対象とした攻撃や、日本国内のユーザーに対するマルウェアの感染活動は、8日の時点で確認していないという。

(Security NEXT - 2011/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ウェブサイトの安全運用、必要な「点検」やその「頻度」は?
カブドットコム証券にDDoS攻撃 - 一時アクセスしづらい状態に
「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで