Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダイエー従業員がカード情報を不正利用 - 14カ月間にわたりメモで持ち出し

ダイエーの従業員が、顧客のクレジットカードの情報を約14カ月にわたり不正に取得し、利用していたことがわかった。

2009年6月6日から2010年8月19日までの間、横浜市のダイエー港南台店や戸塚店の医薬品や化粧品売り場レジで扱った顧客のクレジットカード情報を、従業員が不正に取得していたもの。

同従業員は、精算時に顧客からクレジットカードの提示を受けた際、番号や有効期限をメモにより取得。2009年6月から2010年9月にかけて利用しており、悪用されたカードは271枚にのぼっている。

2010年6月25日に、カード会社から不正利用の可能性があるとの連絡があり、同社では問題を把握。社内調査を実施や警察への相談、ほかのカード会社へ被害状況の調査を依頼するなど、同社では対応を進めていたという。

同社では不正取得した期間や方法など社内調査を実施し、関与した従業員を特定。2月8日に懲戒解雇した。同社では被害に遭った顧客に対し、カード会社と連携して対応する。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
元従業員が約18万件の顧客情報を不正持出、一部が流出 - ワイジェイFX
MRTの元従業員が再逮捕、役員宛メールを不正転送
ベネッセ、個人情報保護の改善報告書を経産省に提出
元従業員が医師などの個人情報を持ち出し - MRT
売却されたベネッセ顧客情報は約3504万件 - コピー禁止が新型スマホで機能せず
ベネッセの委託先元従業員が起訴 - ベネッセ「進展見守っている」
ベネッセ、約2260万件の漏洩を確認 - 私物スマホ上に残存