Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全銀協、「振り込め詐欺撲滅強化推進期間」を展開

全国銀行協会は、1月26日から2月28日まで「振り込め詐欺撲滅強化推進期間」を展開している。

今回のキャンペーンは、2006年より取り組んでいる「金融犯罪防止啓発活動」の一環。同協会によれば、振り込め詐欺は近年手口が一段と巧妙化しており、引き続き被害が発生しているという。

同協会では、振り込め詐欺の被害防止に向けた啓発活動のほか、振り込め詐欺救済法の制度を周知徹底するほか、同協会による金融犯罪防止啓発サイトのリニューアルなど実施。

また同協会会員の銀行では振り込め詐欺防止のチラシを店頭で配布するなど、注意喚起を行う。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも