Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、DNS応答の偽造防止する「DNSSEC」を導入

日本レジストリサービス(JPRS)は、管理しているJPドメイン名について、1月16日よりDNSのセキュリティを拡張した「DNSSEC」を導入したと発表した。

「DNSSEC」は、公開鍵暗号による電子署名を用いることで、DNS情報が正規の情報であるか確認できる技術。JPドメインの登録者は、鍵情報をJPRSに登録することが可能となり、DNS応答の偽造によるフィッシングなどを防止できる。

同社では、各国のDNS運用関係者と協力しながら、DNSSECの仕様検討や実証実験を進め、2010年10月17日には.jpゾーンにおけるDNSSEC署名を開始。

同年12月10日にはルートゾーンに.jpゾーンのDNSSEC署名を検証するための鍵情報を登録したが、検証に問題なく、既存インフラにも影響がないことを確認したとして導入に踏み切った。

同社では、今回の取り組みを通じてJPドメインのセキュリティ向上を目指しており、インターネットイニシアティブ(IIJ)をはじめ、レジストラ3社では、署名鍵情報の取次ぎやキャッシュサーバの提供など1月中に対応を開始する。

(Security NEXT - 2011/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
「Knot Resolver」に脆弱性 - DNSキャッシュポイズニングのおそれ
DNSサーバ「NSD」に脆弱性、「TSIG秘密鍵」漏洩のおそれ
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も