Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、DNS応答の偽造防止する「DNSSEC」を導入

日本レジストリサービス(JPRS)は、管理しているJPドメイン名について、1月16日よりDNSのセキュリティを拡張した「DNSSEC」を導入したと発表した。

「DNSSEC」は、公開鍵暗号による電子署名を用いることで、DNS情報が正規の情報であるか確認できる技術。JPドメインの登録者は、鍵情報をJPRSに登録することが可能となり、DNS応答の偽造によるフィッシングなどを防止できる。

同社では、各国のDNS運用関係者と協力しながら、DNSSECの仕様検討や実証実験を進め、2010年10月17日には.jpゾーンにおけるDNSSEC署名を開始。

同年12月10日にはルートゾーンに.jpゾーンのDNSSEC署名を検証するための鍵情報を登録したが、検証に問題なく、既存インフラにも影響がないことを確認したとして導入に踏み切った。

同社では、今回の取り組みを通じてJPドメインのセキュリティ向上を目指しており、インターネットイニシアティブ(IIJ)をはじめ、レジストラ3社では、署名鍵情報の取次ぎやキャッシュサーバの提供など1月中に対応を開始する。

(Security NEXT - 2011/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得