Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年にリリースされたMSのセキュリティパッチに見る脆弱性の変化

マイクロソフトがセキュリティ更新プログラムで対応する脆弱性の傾向に、変化が現れている。2010年は前年と比較し、ファイル読み込み時に影響を受ける脆弱性を解消したパッチの件数が伸びている。

マイクロソフトが2010年に公開したセキュリティ更新プログラムは、2009年の74件を32件上回る106件。

セキュリティ更新プログラムが解消した脆弱性の傾向を見ると、画像や動画、フォントにおける脆弱性を解消するパッチが前年から12件増加した。全体の29%を占めており、2009年の18%から11ポイント上昇した。

110112ms4.jpgセキュリティ更新プログラムの件数(図:マイクロソフト)

110112ms.jpg
セキュリティ更新プログラムの割合(図:同上)

(Security NEXT - 2011/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連