Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年にリリースされたMSのセキュリティパッチに見る脆弱性の変化

マイクロソフトがセキュリティ更新プログラムで対応する脆弱性の傾向に、変化が現れている。2010年は前年と比較し、ファイル読み込み時に影響を受ける脆弱性を解消したパッチの件数が伸びている。

マイクロソフトが2010年に公開したセキュリティ更新プログラムは、2009年の74件を32件上回る106件。

セキュリティ更新プログラムが解消した脆弱性の傾向を見ると、画像や動画、フォントにおける脆弱性を解消するパッチが前年から12件増加した。全体の29%を占めており、2009年の18%から11ポイント上昇した。

110112ms4.jpgセキュリティ更新プログラムの件数(図:マイクロソフト)

110112ms.jpg
セキュリティ更新プログラムの割合(図:同上)

(Security NEXT - 2011/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減