Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年はDDoS攻撃の脅威高まる - アンラボ予測

アンラボは、情報セキュリティに関する2011年の見通しを示した。7種類の脅威を挙げている。

同社は、2011年のトレンドとして「SNS攻撃の一般化」「DDoS攻撃の高度化」「社会インフラに対する標的型攻撃の増加」「スマートフォンに対する脅威増加」「無線LANの脆弱性を狙った脅威」「クラウド、仮想化技術への脅威」「ゼロデイ攻撃技法の高度化」の7種類を挙げている。

米国や韓国で2009年7に大規模なDDoS攻撃が確認されたが、同社によれば、以前にも増してより巧妙なDDoS攻撃が発生していると指摘。DDoS攻撃を目的としたマルウェアが多数発生したり、SNSを利用した感染活動を見込んでいる。

また2010年にインフラを狙うことで「Stuxnet」が話題となったが、今後も国家やインフラに対する攻撃に注意が必要だという。仮想化環境の乗っ取りや仮想化環境でボットのC&Cサーバが運用されるといった事態にも言及している。

(Security NEXT - 2011/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本仮想通貨事業者協会、会員取引所のBitcoin取引停止措置を解除
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
Apple、Windows版QuickTimeのサポート終了をアナウンス
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
2017年に設立される新生「McAfee」のロゴが初披露 - テーマは業界連携
深刻な脆弱性解消する「Adobe Acrobat/Reader」の更新を公開予定 - 悪用は未確認
セキュリティ人材、2020年に約19.3万人不足 - 給与水準改善が鍵か
NTT、セキュリティ関連事業を集約した「NTTセキュリティ」を設立