Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響

那覇市は、市立図書館で利用するシステムがランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。復旧には時間がかかる見通しで、オフラインによる貸し出し対応なども検討している。

同市によれば、10月13日8時20分ごろ、図書館のシステムを立ち上げようとした際にエラーが表示され、システムを利用できない状態となっていることが判明した。

ランサムウェアに起因する障害で、市立中央図書館をはじめとする7館や同じシステムを使用している人材育成センター内の図書室において、資料の検索、貸し出し、予約などが行えない状態となっている。

サーバ内には一定期間内に対応しないとデータを破壊するなどとし、特定のURLにアクセスするよう求める脅迫文が残されていたという。

また図書館を利用する登録者の個人情報がシステム内部に保存されているが、内部のデータは暗号化されており、外部に流出した可能性は低いとの見方を同市では示している。

同市は警察に被害を相談するとともに、事業者協力のもと侵入経路などくわしい原因について調査を進めている。10月18日の時点で復旧のめどは立っておらず、現状館内閲覧のみとなっており、オフラインによる貸し出しなど今後の対応についても検討している。

(Security NEXT - 2022/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛