Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースを稼働させながら暗号化できる「ProtectDB 5.2」 - 日本セーフネット

日本セーフネットは、暗号化アプライアンス「DataSecure」向けデータベース暗号化コンポーネント「ProtectDB 5.2」を発売した。

最新版では「オンライン・データ移行機能」を搭載。設定時に約1分間停止する必要があるが、設定後はデータベースの参照や挿入など処理を実行しながら、データの暗号化や鍵の更新を行えるという。

また鍵の使用権を管理者だけでなく、利用者やグループに対して設定できる「Databaseグループマッピング」機能を搭載。さらにデータ長が大きい「XMLフォーマット」などサポートするデータを拡充したほか、日本語コレーションの対応を実現しており、半角カナの暗号化など対応している。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース