Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティコード」「3Dセキュア」対応必須に - クレジット新規ネット加盟店

日本クレジット協会と日本クレジットカード協会は、インターネットのカード決済時における「なりすまし」の被害を防止するため、複数の本人認証を必須とする新規加入店向けのガイドラインを策定した。

両協会では、日本クレジット産業協会が取りまとめた行動計画をもとに、大手加盟店における「3Dセキュア」「セキュリティコード」の導入の推進してきたほか、ゲーム業界における両技術の導入義務化を進めてきたが、依然として未導入の加盟店が多く、クレジットカードの不正使用が発生しているとしてガイドラインを策定した。

今回策定された「新規インターネット加盟店におけるクレジットカード決済に係る本人認証導入による不正使用防止のためのガイドライン」では、2011年3月以降にインターネット取引でクレジットカード決済加盟店になる場合、「クレジットカード番号」「有効期限」にくわえ、「セキュリティコード」を必須項目と定めている。

また「3Dセキュア」については、未対応ブランドもあることから、カード会社保有情報による認証や公的機関発行証明書による認証などでも是認するものの、同認証について必須項目とし、インフラ整備など対応が求める。

今回のガイドラインは、システムを切り替える必要がなく、負担が小さい新規加盟店を対象としたものとしており、既存のインターネット加盟店に対するガイドラインは、今後段階的に対応していくという。

(Security NEXT - 2010/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念