Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型ソフトウェアライセンス管理サービスを提供 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、PCにインストールされているソフトのライセンスやパッチ適用状況などを管理するSaaS型「iSECUREライセンス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、社内PCにインストールされているソフトウェアの情報を収集、管理できるSaaS型サービス。利用ライセンス数を把握することで、購入ライセンス数の最適化や不正利用によるソフトの著作権侵害を防ぐことができる。

また社内で許可されていないソフトや、セキュリティパッチが適用されていないソフトの発見も可能。最低利用期間は1カ月で年間契約にも対応する。利用料は、PC1000台の場合月額42万円。年間契約は年額210万円。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら