Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型ソフトウェアライセンス管理サービスを提供 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、PCにインストールされているソフトのライセンスやパッチ適用状況などを管理するSaaS型「iSECUREライセンス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、社内PCにインストールされているソフトウェアの情報を収集、管理できるSaaS型サービス。利用ライセンス数を把握することで、購入ライセンス数の最適化や不正利用によるソフトの著作権侵害を防ぐことができる。

また社内で許可されていないソフトや、セキュリティパッチが適用されていないソフトの発見も可能。最低利用期間は1カ月で年間契約にも対応する。利用料は、PC1000台の場合月額42万円。年間契約は年額210万円。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携