Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型ソフトウェアライセンス管理サービスを提供 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、PCにインストールされているソフトのライセンスやパッチ適用状況などを管理するSaaS型「iSECUREライセンス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、社内PCにインストールされているソフトウェアの情報を収集、管理できるSaaS型サービス。利用ライセンス数を把握することで、購入ライセンス数の最適化や不正利用によるソフトの著作権侵害を防ぐことができる。

また社内で許可されていないソフトや、セキュリティパッチが適用されていないソフトの発見も可能。最低利用期間は1カ月で年間契約にも対応する。利用料は、PC1000台の場合月額42万円。年間契約は年額210万円。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ