Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを人質にして金銭を要求する「ランサムウェア」に新種 - 改ざんサイト経由で拡散

また同社では、マスターブートレコードを感染させるランサムウェア「Trojan-Ransom.Boot.Seftad.a」もあらたに検知している。

同トロイの木馬へ感染するとデータが書き換えられ、初期化に必要なパスワードと引き換えに金銭が要求される。3 回パスワードを間違えるとPCが再起動し、代金の支払いを要求するウィンドウが再び表示されるという。

同社では、これらの被害に遭わないため、利用しているアプリケーションの脆弱性を解消するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可