Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私物通信カードで解凍ソフトをダウンロード、インストールした職員を懲戒処分 - 立川市

立川市は、個人所有のデータ通信カードを利用し、ネットワーク経由でソフトを入手、インストールしていた職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、2010年6月14日に環境下水道部の職員が情報セキュリティ規則に違反して、土木積算システムのPCでデータ通信カードを使用。インターネットに接続してファイル解凍ソフトをダウンロードし、インストールしたという。

同市では地方公務員法違反に当たるとして、同職員に対し減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施。同PCは、庁内ネットワークに接続しておらず、個人情報などの被害はなかった。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市