Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン向けセキュリティ管理サービス - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、スマートフォンのセキュリティ対策を一元管理できる「スマートフォン向けセキュリティ管理サービス」を、2011年4月より提供開始する。

同サービスは、「Android」や「Windows Mobile」を搭載したスマートフォンをはじめ、「Windows 7」がインストールされたノートPCのセキュリティ機能を一元管理できるソリューション。「iPhone」や「iPad」にも順次対応する。

遠隔操作による端末ロックや端末初期化のほか、カメラや無線LAN、Bluetoothなどの制御、発信可能な電話番号の制限などのセキュリティ機能を一元管理できる。同社による運用代行サービスも用意した。

月額利用料は1端末あたり315円から。同社では、本格サービスを提供する前に無償トライアルサービスを実施する予定。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ