Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン向けセキュリティ管理サービス - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、スマートフォンのセキュリティ対策を一元管理できる「スマートフォン向けセキュリティ管理サービス」を、2011年4月より提供開始する。

同サービスは、「Android」や「Windows Mobile」を搭載したスマートフォンをはじめ、「Windows 7」がインストールされたノートPCのセキュリティ機能を一元管理できるソリューション。「iPhone」や「iPad」にも順次対応する。

遠隔操作による端末ロックや端末初期化のほか、カメラや無線LAN、Bluetoothなどの制御、発信可能な電話番号の制限などのセキュリティ機能を一元管理できる。同社による運用代行サービスも用意した。

月額利用料は1端末あたり315円から。同社では、本格サービスを提供する前に無償トライアルサービスを実施する予定。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版