Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン向けセキュリティ管理サービス - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、スマートフォンのセキュリティ対策を一元管理できる「スマートフォン向けセキュリティ管理サービス」を、2011年4月より提供開始する。

同サービスは、「Android」や「Windows Mobile」を搭載したスマートフォンをはじめ、「Windows 7」がインストールされたノートPCのセキュリティ機能を一元管理できるソリューション。「iPhone」や「iPad」にも順次対応する。

遠隔操作による端末ロックや端末初期化のほか、カメラや無線LAN、Bluetoothなどの制御、発信可能な電話番号の制限などのセキュリティ機能を一元管理できる。同社による運用代行サービスも用意した。

月額利用料は1端末あたり315円から。同社では、本格サービスを提供する前に無償トライアルサービスを実施する予定。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」