Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リネージュ2」への不正アクセスで逮捕者 - ツールにウイルス仕込みアカウント窃取

神奈川県警は、他人のアカウント情報を窃取し、オンラインゲーム「リネージュ2」へアクセスしていた容疑者2人を、不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕した。

オンラインゲームを運営しており、警察の捜査に協力していたエヌ・シー・ジャパンによれば、容疑者らは、「リネージュ2」のデザインなどを利用したフィッシングサイトを設置し、サイト上でオンラインゲームの操作を自動化する不正ツール「ボット」を配布していたという。

ユーザーがツールを利用しようとするとウイルスに感染し、IDやパスワードがウイルスによって詐取され、容疑者へ送信するしくみになっており、容疑者らは、他人になりますましてアクセスし、アイテムやゲーム内の通過を非公式の「RMT(リアルタイムトレード)」に売却して金銭を得ていたと見られている。

登録には虚偽の個人情報が用いられていたが、エヌ・シー・ジャパンが捜査へ協力し、行動や所在地を割り出し、逮捕につながったという。同社では、今回逮捕された容疑者と取引を行ったアカウントや、ボットを利用したアカウントについても、引き続き調査を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
活発な動きを見せるイランの「Chafer」 - サプライチェーン上流を標的に