Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リネージュ2」への不正アクセスで逮捕者 - ツールにウイルス仕込みアカウント窃取

神奈川県警は、他人のアカウント情報を窃取し、オンラインゲーム「リネージュ2」へアクセスしていた容疑者2人を、不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕した。

オンラインゲームを運営しており、警察の捜査に協力していたエヌ・シー・ジャパンによれば、容疑者らは、「リネージュ2」のデザインなどを利用したフィッシングサイトを設置し、サイト上でオンラインゲームの操作を自動化する不正ツール「ボット」を配布していたという。

ユーザーがツールを利用しようとするとウイルスに感染し、IDやパスワードがウイルスによって詐取され、容疑者へ送信するしくみになっており、容疑者らは、他人になりますましてアクセスし、アイテムやゲーム内の通過を非公式の「RMT(リアルタイムトレード)」に売却して金銭を得ていたと見られている。

登録には虚偽の個人情報が用いられていたが、エヌ・シー・ジャパンが捜査へ協力し、行動や所在地を割り出し、逮捕につながったという。同社では、今回逮捕された容疑者と取引を行ったアカウントや、ボットを利用したアカウントについても、引き続き調査を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも