Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポイントの不正使用が判明し「ビックカメラ.com」が閉鎖 - 原因は調査中

ビックカメラは、同社が運営するショッピングサイト「ビックカメラ.com」において、アカウントが不正利用される被害が発生したとして、同サイトを閉鎖した。

同社によれば、11月13日にネットショップ会員のログインIDやパスワードが不正利用されたことが判明したという。同社は不正アクセスが発覚した同日深夜に同サイトを閉鎖し、サイト上でのポイント利用について停止した。

同社では、警察や所管官庁へ被害を届け、事実関係や詳しい原因について調査を進めている。またIDやパスワードが不正利用された会員に対して連絡を取り、ポイントを修正するなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
大手出版社でサイト改ざん、マルウェア感染サイトへ誘導 - シマンテックが確認
嘱託職員の業務用Gmailアカウントがスパムの踏み台に - 香川県
ニッセンの通販サイトで126件の不正ログインが発生 - 金銭被害はなし
新日本プロレスリングのショッピングサイトが改ざん被害
三越ショッピングサイトに不正ログイン攻撃 - 最大8289件が被害
ジェーシー・コムサのショッピングサイトに不正アクセス - カード情報など流出のおそれ
ウェブシャークで10万件弱の個人情報が流出、実被害も - 経産省が報告求める
カード情報含む最大1万件の顧客情報が流出の可能性 - 中古通販サイト