Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年

通信販売サイト「中村食肉ショッピングサイト」が不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報が外部に流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営する中村食肉によれば、2021年5月10日11時ごろより6月6日16時過ぎにかけて同サイトを利用した顧客のクレジットカード情報など個人情報94件が外部に流出し、不正に利用された可能性があるという。

脆弱性を突かれて決済アプリを改ざんされたもので、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、ログインIDとして用いるメールアドレスやパスワードなどを窃取されたと見られる。

2021年7月29日にクレジットカード会社から同社に対して情報漏洩の可能性について指摘があり問題が発覚。翌30日に同サイトを閉鎖し、調査を進めていた。

調査が完了したのは、発覚から1年近く経過した2022年7月16日で、同月27日に個人情報保護委員会に報告。8月2日に警察へ被害を申告した。

関連する顧客に対しては、9月14日よりメールで経緯の説明を行うとともに謝罪し、身に覚えのない請求が行われていないか利用明細を確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ