Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策シリーズに新製品を追加 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」とウェブ型申請承認システム「InterSafe WorkFlow」の2製品を12月より発売する。

「InterSafe DeviceControl」は、USBメモリなど外部デバイスの利用やネットワーク接続、印刷などを制御できるセキュリティソリューション。持ち出し時のログを取得したり、ポリシーをリアルタイム制御できる。

「InterSafe WorkFlow」は、ファイル単位での持ち出し申請や承認が可能で、持ち出しファイルのアーカイブや利用期間の設定に対応。デバイスの利用申請や承認は、管理者を介さず自動で運用できる。

またUSBメモリの暗号化が行えるセキュリティ対策製品に新ラインナップ「InterSafe SecureDevice Ultimate」を追加する。同製品では他社セキュリティ製品との連携を実現している。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン