Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策シリーズに新製品を追加 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」とウェブ型申請承認システム「InterSafe WorkFlow」の2製品を12月より発売する。

「InterSafe DeviceControl」は、USBメモリなど外部デバイスの利用やネットワーク接続、印刷などを制御できるセキュリティソリューション。持ち出し時のログを取得したり、ポリシーをリアルタイム制御できる。

「InterSafe WorkFlow」は、ファイル単位での持ち出し申請や承認が可能で、持ち出しファイルのアーカイブや利用期間の設定に対応。デバイスの利用申請や承認は、管理者を介さず自動で運用できる。

またUSBメモリの暗号化が行えるセキュリティ対策製品に新ラインナップ「InterSafe SecureDevice Ultimate」を追加する。同製品では他社セキュリティ製品との連携を実現している。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ