Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEに未修整の深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生

マイクロソフトは、「Internet Explorer」に深刻な脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公表した。同社ではセキュリティ更新プログラムを提供する予定で、定例外の可能性含め、対応を検討している。

今回見つかった脆弱性は、オブジェクト削除後に無効なフラグを参照するもので、悪用された場合、任意のコードが実行されるおそれがある。すでに同社やセキュリティベンダーによって、脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されている。

シマンテックによれば、同社が確認したのは「IE 6」「同7」を対象とした標的型攻撃。問題のメールには、「IE 6」「同7」の利用について確認するページのリンクが張られており、これらバージョンを利用している場合、スクリプトによって不正サイトへ誘導され、マルウェアが自動的にダウンロードされ、実行されるという。

マイクロソフトでは、「IE 8」では規定となっている「DEP」を有効化したり、「Windows Vista」以降で用意されている保護モードの利用といった緩和策や、ウェブサイトの「CSS設定」を読み込ませず、ユーザー定義のCSSで上書きする回避策の実施など、対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性