Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由で多重感染広がる一連のマルウェアが上位に - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、10月15日から10月21日までに国内で感染および発見の報告を受けたウイルスの状況について取りまとめた。

今回首位となったのは、10月17日に発見された「TROJ_EXEBOT.SM」。感染するとレジストリキーを追加し、自身をIE起動時に自動実行するよう「Browser Helper Object」として登録する。

同トロイの木馬は、10月に入って確認されたウェブ経由で感染を広げる攻撃で感染するマルウェアのひとつ。PC内部に「lib.dll」というファイル名で保存される。

2位の「TROJ_DLOAD.SMAD」や3位の「TROJ_DLOAD.SMAB」、9位の「JAVA_AGENT.O」も一連の攻撃で感染するマルウェア。2位の「TROJ_DLOAD.SMAD」は「mstmp」として保存される。同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年10月15日から2010年10月21日まで)

1位:TROJ_EXEBOT.SM
2位:TROJ_DLOAD.SMAD
3位:TROJ_DLOAD.SMAB
4位:JAVA_LOADER.HLL
5位:WORM_DOWNAD.AD
6位:MAL_OTORUN2
7位:TROJ_BREDLAB.TX
7位:TROJ_BREDO.CI
9位:JAVA_AGENT.O
9位:MAL_OTORUN1
9位:POSSIBLE_HIFRM-5
9位:TROJ_BREDO.TTT

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱