Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月に続いて8月もフィッシング攻撃が増加 - 6月から3割増

RSAセキュリティは、同社が検知した2010年8月のフィッシング状況について取りまとめた。年初のピークから減少傾向が続いた6月から反転して2カ月連続で増加し、6月からわずか2カ月で約30ポイントの上昇となった。

同社によれば、8月の検知件数は1万7935件で、1万3855件まで縮小した6月から約4000件の大幅な増加を記録。これは1万8820件と過去最悪を記録した2010年1月に迫る勢いで、1月、2月に続く過去3番目に多い数字。

100928rsa1.jpg
フィッシング件数の推移(図:RSAセキュリティ)

一部の金融機関を対象とした攻撃が原因だったが、過去にフィッシング攻撃の件数を押し上げた「fast-flux型攻撃」については、8月に確認されなかったという。8月に悪用されたブランドは216件で前月からほぼ横ばい。44%は5回以上攻撃を受けるなど攻撃が集中している状況に変化はなかった。

フィッシング攻撃を受けた国は、米国の35%を筆頭に、イギリス(31.5%)、南アフリカ(20%)が続いている。ブランドが悪用された国を見ると、米国が45%と半数近くを占め、18%のイギリス、11%のインドが続いた。フィッシングのホスト国では米国が60%と突出しており、続くブラジルやカナダなどそれぞれ6.5%、5.5%と1桁台にとどまっている。

国内では、夏休みの時期と重なり7月には27件と上昇傾向が見られたが、8月は8件と落ち着いた。ただし、SNSサービスやゲームサイトを標的にしたフィッシングメールが多数発生しており、注意が必要だという。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準