Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国がマルウェアやスパム送信でトップ - ソフォス上半期レポート

ソフォスは、2010年上半期のセキュリティ脅威レポートを取りまとめた。マルウェアのホスト国およびスパムの送信国におけるランキングで、米国がトップを占めている。

同社がまとめた2010年上半期にマルウェアをホストしていた国別のランキングでは、米国が1位で、全体の42.3%にのぼり突出していた。2位は中国で10.8%、3位はロシアで6.1%と続くが、全体的に分散する傾向にあるという。

ウェブ経由の脅威では2009年から引き続き、偽セキュリティ対策ソフトへ誘導する広告の被害や、SEOのテクニックによって不正サイトを検索結果の上位に表示させ、より多くのユーザーを感染させる傾向が目立っている。

スパム最多送信国も米国で、全スパムの14.1%を占めた。米国以外では、経済成長が著しいインドとブラジルだけが半年で5%を超えた。これらの国ではインターネットユーザーが急増している反面、セキュリティ対策が十分でないことが、スパム増加の要因と分析している。

(Security NEXT - 2010/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
2016年1Qにフィッシング攻撃が大幅増加、過去最悪に
2015年3Qのフィッシング攻撃、3.3%増の13万946件
クーポン券のメールと見せかけたウイルスメールに注意 - トレンドマイクロ調査
IPAが10大脅威を取りまとめ - 組織と個人で異なる傾向
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位