Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月はフィッシングによりブランドを悪用される企業数が高水準に

フィッシング対策協議会は、8月に同協議会へ報告されたフィッシング件数について取りまとめた。メール件数が前月から倍増したほか、ブランドが悪用される企業も高い水準で推移している。

同協議会によれば、国内外から寄せられたフィッシングメールの報告数は58件。7月は23件となり2010年で2番目に少ない件数へと落ち着いたが、8月に入り再び50件台へ戻している。

利用されたユニークなURL数についても13件増となる46件。さらに増加が顕著だったのがブランド名の悪用。5月、6月に極端な増加を見せて20件前後まで上昇したが、7月は6件まで減少していた。しかし8月に入り再び13件増加し、19件と高い水準で推移している。

同協議会では、「VISA」や「マスターカード」などを偽装した攻撃が目立つほか、携帯電話ユーザーを狙った攻撃が発生していると指摘。またメール自体に入力フォームが用意されていたケースもあったとして、インターネット利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に