Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ担当者による「日本CISO協会」が発足

セキュリティに関連する情報の交換や情報発信を目的とした「日本CISO協会」が発足した。

同協会は、組織のセキュリティ責任者である「CISO」の情報共有などを目的とした団体で、ITやセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、事業継続といった企業経営に関する情報の発信や情報交換などを計画している。

シスコシステムズ、NANAROQ、日本ヒューレット・パッカード、日本オラクル、BSIグループジャパンが運営委員会のメンバーとなり、発足にあたってはミクシィ、ソフトバンクモバイル、日本ベリサインなどが参加。今後は2011年12月31日までに200社の参加を目指している。

(Security NEXT - 2010/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
ICクレジットカード取扱店向けにロゴマーク - 日本クレジット協会と経産省
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
2017年2Qのクレカ不正使用被害額、9.2%増の61.7億円
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
2017年2Qのネット銀不正送金、被害額ベースで法人個人ともに増加