Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティ担当者による「日本CISO協会」が発足

セキュリティに関連する情報の交換や情報発信を目的とした「日本CISO協会」が発足した。

同協会は、組織のセキュリティ責任者である「CISO」の情報共有などを目的とした団体で、ITやセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、事業継続といった企業経営に関する情報の発信や情報交換などを計画している。

シスコシステムズ、NANAROQ、日本ヒューレット・パッカード、日本オラクル、BSIグループジャパンが運営委員会のメンバーとなり、発足にあたってはミクシィ、ソフトバンクモバイル、日本ベリサインなどが参加。今後は2011年12月31日までに200社の参加を目指している。

(Security NEXT - 2010/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」