Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC内定義ファイルの80%を削減、クラウド活用する「ウイルスバスター」最新版

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター2011クラウド」のダウンロード版を発売した。店頭パッケージ版についても9月3日より提供を開始する。同社では、新規および更新含めて1300万ユーザーの獲得を目指すという。

最新版では従来の機能にくわえ、「ローカル相関分析」機能をあらたに搭載。検出したウイルスのダウンロードサイトやダウンローダーに関する情報を同社へ送信し、同社が感染経路を分析した上であらたな脅威へ対応するという。

またHTMLファイルに埋め込まれた悪意のあるコードの振る舞いを検出してブロックする「ブラウザガード」を装備したほか、復元できないようデータを抹消する「データ消去ツール」を用意している。

さらにWindows版では、本バージョンよりインターネット上のデータベースをもとにウイルスを検出する「スマートスキャン」を採用。従来PC上で管理されていたウイルス定義ファイルの80%を同社データセンターへ移行した。必要に応じてネットワーク経由でデータベースを参照するため、定義ファイル更新時の負荷やダウンロードするまでのタイムラグを縮小した。

価格はオープン。「Windows」「Mac」あわせて3台まで利用できる「ウイルスバスター2011 クラウド1年版」の同社オンラインショップ価格は5980円。「同3年版」が12800円。「保険&PCサポート」が付属する製品や既存利用者向けの「ウイルスバスター 更新パック」も用意されている。

(Security NEXT - 2010/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース