Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスーパー運営会社に国内外から不正アクセス - カード情報1万2191件が流出

ユニーやイズミヤなどネットスーパーのウェブサイトが不正アクセスを受け、あわせてクレジットカード情報約1万2000件が外部へ流出したことがわかった。

ネットスーパー事業を展開し、ウェブサイトの運営を請け負っているNEO BEATのウェブサーバが、7月24日17時過ぎから同月26日2時半ごろにかけ、国内や中国のIPアドレス4件を発信元とする不正アクセスを受けたもので、クレジットカード番号や名義、有効期限などデータベース上のカード情報が漏洩した。

流出した情報は、ユニーの「アピタネットスーパー」で利用されたカード情報6272件や、イズミヤの「楽楽マーケット」の4720件をはじめ、大近の395件、マルエツの237件、琉球ジャスコの187件、不二商事の179件、フジの125件を含む1万2191件にのぼっている。

7月26日にユニーへカード会社より流出の可能性があると指摘があったほか、イズミヤに対しても7月28日に他社より調査依頼があり問題が発覚。NEO BEATが不正アクセスを確認し、30日から31日にかけて各サイトを閉鎖した。

(Security NEXT - 2010/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ