Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスーパー運営会社に国内外から不正アクセス - カード情報1万2191件が流出

ユニーやイズミヤなどネットスーパーのウェブサイトが不正アクセスを受け、あわせてクレジットカード情報約1万2000件が外部へ流出したことがわかった。

ネットスーパー事業を展開し、ウェブサイトの運営を請け負っているNEO BEATのウェブサーバが、7月24日17時過ぎから同月26日2時半ごろにかけ、国内や中国のIPアドレス4件を発信元とする不正アクセスを受けたもので、クレジットカード番号や名義、有効期限などデータベース上のカード情報が漏洩した。

流出した情報は、ユニーの「アピタネットスーパー」で利用されたカード情報6272件や、イズミヤの「楽楽マーケット」の4720件をはじめ、大近の395件、マルエツの237件、琉球ジャスコの187件、不二商事の179件、フジの125件を含む1万2191件にのぼっている。

7月26日にユニーへカード会社より流出の可能性があると指摘があったほか、イズミヤに対しても7月28日に他社より調査依頼があり問題が発覚。NEO BEATが不正アクセスを確認し、30日から31日にかけて各サイトを閉鎖した。

(Security NEXT - 2010/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致