Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Amazonの注文確認メールに見せかけたフィッシングが頻発 - 米McAfeeが確認

米McAfeeは、大手通販サイト「Amazon」の利用者を対象としたフィッシング攻撃が頻発に発生しているとして注意を喚起した。

今回確認されたフィッシング攻撃は、同社の注文確認メールを偽装しており、注文を不審に思ったユーザーが、アカウントページや注文確認ページに見せかけたリンクを誤ってクリックすると、不正サイトへ誘導されるという。またメールアドレスが変更されたなどとして、サイトへのアクセスを促すフィッシングメールも同様に発生している。

McAfeeは、こうした攻撃についてウェブサイトの入力フォームなど見た目から不正サイトを判断することは難しいと指摘。ウェブサイトへアクセスする際は、メールに記載されたリンクをクリックするのではなく、ウェブサイトのURLなどを直接入力するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング