Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

属性や条件満たした場合のみ復号できる新暗号化技術を開発 - NTTと三菱電機

NTTと三菱電機は、暗号や復号のメカニズムにロジックを組み込むことが可能な暗号方式をあらたに開発したと発表した。詳細については、8月に米国で開催される国際暗号学会「CRYPTO 2010」で発表する予定。

両社の説明によれば、あらたに開発した暗号化技術は、従来の共通鍵暗号や公開鍵暗号を発展させた技術で、従来の「双線型写像群」を多重に用いて、より豊かな代数構造をもつ「双線型写像ベクトル空間」を構成し、同空間を活用しており、昨今開発が進められてきたインテリジェント暗号方式の機能をすべて特殊例として包含している。

インテリジェント暗号では、暗号文と復号鍵に属性情報と条件式をパラメータを設定し、暗号化されたデータを条件を満たしたり、許可された属性情報を持つユーザーのみが利用できるよう設定することが可能。「AND」「OR」「NOT」「しきい値」といった関係式なども含まれ、今回「NOT」の実装が実現していることから、属性変更など柔軟な対応が可能になっているという。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA