Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

属性や条件満たした場合のみ復号できる新暗号化技術を開発 - NTTと三菱電機

NTTと三菱電機は、暗号や復号のメカニズムにロジックを組み込むことが可能な暗号方式をあらたに開発したと発表した。詳細については、8月に米国で開催される国際暗号学会「CRYPTO 2010」で発表する予定。

両社の説明によれば、あらたに開発した暗号化技術は、従来の共通鍵暗号や公開鍵暗号を発展させた技術で、従来の「双線型写像群」を多重に用いて、より豊かな代数構造をもつ「双線型写像ベクトル空間」を構成し、同空間を活用しており、昨今開発が進められてきたインテリジェント暗号方式の機能をすべて特殊例として包含している。

インテリジェント暗号では、暗号文と復号鍵に属性情報と条件式をパラメータを設定し、暗号化されたデータを条件を満たしたり、許可された属性情報を持つユーザーのみが利用できるよう設定することが可能。「AND」「OR」「NOT」「しきい値」といった関係式なども含まれ、今回「NOT」の実装が実現していることから、属性変更など柔軟な対応が可能になっているという。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン