Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

属性や条件満たした場合のみ復号できる新暗号化技術を開発 - NTTと三菱電機

NTTと三菱電機は、暗号や復号のメカニズムにロジックを組み込むことが可能な暗号方式をあらたに開発したと発表した。詳細については、8月に米国で開催される国際暗号学会「CRYPTO 2010」で発表する予定。

両社の説明によれば、あらたに開発した暗号化技術は、従来の共通鍵暗号や公開鍵暗号を発展させた技術で、従来の「双線型写像群」を多重に用いて、より豊かな代数構造をもつ「双線型写像ベクトル空間」を構成し、同空間を活用しており、昨今開発が進められてきたインテリジェント暗号方式の機能をすべて特殊例として包含している。

インテリジェント暗号では、暗号文と復号鍵に属性情報と条件式をパラメータを設定し、暗号化されたデータを条件を満たしたり、許可された属性情報を持つユーザーのみが利用できるよう設定することが可能。「AND」「OR」「NOT」「しきい値」といった関係式なども含まれ、今回「NOT」の実装が実現していることから、属性変更など柔軟な対応が可能になっているという。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定