Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ショートカット」の脆弱性悪用に対抗する無償ツールが公開

G Data Softwareは、Windowsのショートカットファイルに含まれる脆弱性を悪用したウイルス感染を防ぐツール「G Data LNK Checker」の無償提供を開始した。

同ツールは、Windowsにおける未修整の脆弱性により、細工されたショートカットファイルを表示した際に不正なコードが実行されることを防止するソフトウェア。ショートカットアイコンの表示を監視して、コードの実行を防ぐことができる。

また脆弱性を悪用するショートカットを検知した場合は、赤い警告アイコンを表示。マイクロソフトが公開している「Fix it」などと異なり、アイコン表示が白紙化することもないという。

同ツールは、同社サイトから無償でダウンロードすることが可能で、今後セキュリティ更新プログラムが提供され、脆弱性を解消した場合など、いつでもアンインストールできる。

(Security NEXT - 2010/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社