Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチコア対応、クラウド技術でフィッシング対策する「G Data 2011」

G Data Softwareは、セキュリティ対策ソフトの最新版「G Dataインターネットセキュリティ2011」を7月15日より発売する。同日よりダウンロード版を提供を開始し、パッケージ版は22日より提供する。

最新版では、振る舞いによりウイルスを検知する「ビヘイビア・ブロッキング機能」を強化。レジストリやシステムに対するアクセスや、ネットワークに影響するプロセスの監視を実施する。

また従来よりクラウドを利用したウイルス対策機能を搭載しているが、最新版ではフィッシング対策にも活用。日本語の詐欺サイトなどへ対応していくという。さらにインタフェースの改善やマルチコアCPU環境においてマルチスレッディングへ対応するなど動作の軽量化を目指した。

ラインアップには、「同1年版/1台用」のほか、複数台向けのパッケージや複数年パッケージを用意。13カ月分を追加し、価格を抑えた25周年キャンペーン版もリリースする。

なおライセンスが有効期間中の既存ユーザーは、7月22日より無償で最新版にバージョンアップすることができる。

(Security NEXT - 2010/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース