Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む医学部生所有のUSBメモリが所在不明 - 昭和大学

昭和大学は、昭和大学病院および昭和大学藤が丘病院の患者65人の個人情報や病歴などが保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。

所在が不明になっているのは、同大学医学部の学生が所有し、臨床実習に利用していたUSBメモリで、昭和大学病院や昭和大学藤が丘病院を受診した患者65人の氏名、入院中病歴、一部画像データなどが保存されていた。

同月25日夕方に臨床実習で使用したのを最後に、行方がわからなくなっており、6月28日午前に紛失が判明した。同大では、対象となる患者に謝罪文を送付するなど、個別に対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2010/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が中学校生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 大阪市
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は2月 - 大谷大
市内小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市
高校教諭が生徒の成績情報含むUSBメモリを紛失 - 神奈川県
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
成績など記録したUSBメモリを紛失 - 大阪体育大
委託先へ預けた顧客情報入りUSBメモリが所在不明 - 大阪の複合施設
顧客対応の通話音声を子会社が紛失 - ANA
4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市