Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

傷病手当金の支給申請書が所在不明に - 協会けんぽ大阪支部

全国健康保険協会大阪支部において、今年4月に受け付けた傷病手当金支給申請書28件が所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、4月9日から13日の間に同支部が受け付けた傷病手当金支給申請書28件。5月6日に申請書の進捗状況を確認した際に判明したもので、全職員で捜索を行ったが発見できなかったという。

同協会では、職員の聴き取り調査などを実施した結果として、書類は外部に持ち出されたのではなく、内部で誤って廃棄された可能性が高いと結論付けている。

同支部では、すでに対象となる加入者や事業所に対し説明と謝罪を行っており、今後は申請書の保管方法を見直すなど再発防止策を講じる。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金