Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクモバイルの携帯107機種に不具合 - JavaScript有効で情報詐取のおそれ

一部ソフトバンクの携帯電話で、Yahoo!ケータイまたはPCサイトブラウザ利用時にJavaScriptを有効にして悪意あるサイトを閲覧した場合、情報の詐取が発生する可能性があることがわかった。

ソフトバンクモバイルによれば、同社端末の107機種において、Yahoo!ケータイまたはPCサイトブラウザ利用時に、ブラウザでJavaScriptを有効にした状態で悪意あるサイトを閲覧した場合、情報の詐取が発生する可能性があるという。同事象を回避するためには、スクリプトの設定をオフにする必要がある。

同社ではサイト上に告知を掲載。スクリプト設定の変更が必要な機種一覧や変更方法などを案内して、早急に対応するようユーザーに呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ