Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、ファイルの権限管理を実現する「Oracle IRM」をリリース - APIにより連携自在

日本オラクルは、企業内のコンテンツ保護や利用権限の管理を実現するセキュリティソリューション「Oracle Information Rights Management(Oracle IRM)」を発売した。

同製品は、企業内のファイルを暗号化し、ユーザーに応じて権限を付与することで、データの漏洩や不正利用を防止することができるセキュリティ製品。LDAPとの連携や全文検索にも対応している。

クライアントPCに対してエージェントをインストールし、ファイルを開く際にIRMサーバへアクセスして本人認証を行うことで利用制限を実現。ファイルの閲覧、コピー&ペースト、キャプチャ、印刷、利用期限など20種類の権限を付与することが可能で、権限の取り消しにも対応している。

ユーザーのクリック操作だけでなく、特定のフォルダへ保存することで権限を付与させることができる。さらに豊富なAPIが用意されており、ウェブ上でファイルをダウンロードする際、ユーザーに応じて権限を自動的に付与するといった利用が可能となっている。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション