Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、ファイルの権限管理を実現する「Oracle IRM」をリリース - APIにより連携自在

日本オラクルは、企業内のコンテンツ保護や利用権限の管理を実現するセキュリティソリューション「Oracle Information Rights Management(Oracle IRM)」を発売した。

同製品は、企業内のファイルを暗号化し、ユーザーに応じて権限を付与することで、データの漏洩や不正利用を防止することができるセキュリティ製品。LDAPとの連携や全文検索にも対応している。

クライアントPCに対してエージェントをインストールし、ファイルを開く際にIRMサーバへアクセスして本人認証を行うことで利用制限を実現。ファイルの閲覧、コピー&ペースト、キャプチャ、印刷、利用期限など20種類の権限を付与することが可能で、権限の取り消しにも対応している。

ユーザーのクリック操作だけでなく、特定のフォルダへ保存することで権限を付与させることができる。さらに豊富なAPIが用意されており、ウェブ上でファイルをダウンロードする際、ユーザーに応じて権限を自動的に付与するといった利用が可能となっている。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC