Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましログインを検知するクラウド型サービス - 日本ベリサイン

日本ベリサインは、なりすましなどIDの不正利用を防止するクラウド型のオンライン詐欺検出サービスを提供開始した。

今回同社が提供を開始した「ベリサインアイデンティティプロテクションオンライン詐欺検出サービスHosted(VIP FDS Hosted)」は、従来より提供しているフィッシング詐欺やIDの盗難の防止サービスを、クラウド型サービスとして提供するもの。

同サービスでは、ログイン後の行動について分析し、ユーザーの正常な行動パターンを学習や同社が用意した検知パターンにより、不正なログインを検知することが可能。クラウド型サービスのため、詐欺を検出するサーバやデータベースの運用が不要。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
QRコード決済事業者向けにセキュリティ対策支援 - NRIセキュア
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy