Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月の定例セキュリティ更新プログラムは「重要」が2件 - 「Excel」の脆弱性7件へ対処

マイクロソフトは、3月の定例セキュリティ更新プログラムを提供開始した。

今回公開したプログラムは2件で、いずれも当初の予告通り2番目に深刻度が高い「重要」に設定されている。「MS10-017」は、「Excel」に含まれる7件の脆弱へ対応したプログラム。「SharePoint Server」も影響を受ける。細工が施されたファイルを開くと、リモートでコードが実行される不具合を解消した。

30日以内に悪用コードが発生する可能性を示す「悪用可能性指標」は、7件の脆弱性のうち5件に「安定したコードの可能性」が含まれている。

また「MS10-016」は、「Windows」に同梱されている「Windowsムービーメーカー」の脆弱性を解消するもので、不正なファイルを開いた際にリモートでコードが実行される脆弱性に対応した。脆弱性は、「PowerPoint」の拡張ツール「Microsoft Producer 2003」も影響を受ける。

30日以内に悪用コードが発生する可能性を示す「悪用可能性指標」については安定したコードが登場する可能性があるとしている。ただし「Windows Vista」「Windows 7」の「Windows Liveムービーメーカー」については影響を受けない。

また今回の更新プログラムにおいて、「悪意あるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」で、トロイの木馬「Win32/Helpud」の駆除に対応している。

2010年3月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ