Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害さえも「ブラックボックス化」するサイバー攻撃

2009年10月以降、ウェブサイトが外部より不正アクセスを受け、不正なコードが埋め込まれる被害が多発している。2010年に入ってからも傾向は変わっておらず、その被害が収束する様子は見えてこない。

攻撃の流れとしては、「正規サイトの改ざん」され「利用者へウイルスが感染」する。さらに「利用者の管理しているウェブサイトが改ざん」が発生、あらたな感染者を生み出すもので、このサイクルがまわり続けている。

呼び方はセキュリティベンダーによってさまざまだが、2009年10月以降の攻撃全般は「Gumblar亜種」と呼ばれることが多い。

改ざん状況について分析結果を発表したセキュリティベンダーのKaspersky Labs Japanでは、12月21日に登場したウイルスを10月以降に発生しているウイルスとは攻撃の傾向が異なるとして「Pegel」と名付けており、発生以降国内で380件以上の被害を確認したことを先日明らかにしている。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大