Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪の根絶は難しいが、スピードは抑えられる - Foy Shiver氏

同氏が具体的に例として挙げた攻撃は、PC内部のデータを人質にする「ランサムウェア」と「偽セキュリティ対策ソフト」。サイバー犯罪者の資金源となっている。

「ソーシャルエンジニアリング」もキーワードだ。そのなかで被害の報告件数は多くないものの深刻なのが「標的型攻撃」。こうした攻撃を表沙汰にしない被害企業は少なくないため、実態が見えてこないのだ。

公表しない理由については、「ブランドイメージの保護」や「株価の動きを気にする企業も多い」と背景も複雑だが、「対策を提供する側にとって好ましくない状況」と同氏は懸念を示している。

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府