Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ハイチ大地震」の義援金詐欺メールが発生 - 個人情報詐取のおそれも

日本時間13日にカリブ海のハイチで発生した地震に便乗し、寄付を装う詐欺のメールが発生している。

米Symantecが、ハイチ地震の被害に対して寄付を求めるスパムメールや、マルウェア感染を目的としたメールを観測したもの。誤って寄付を行った場合、被災地域に届かないのはもちろん、サイバー犯罪者の資金源となると同社では警鐘を鳴らしている。

こうした詐欺の被害を避けるためは、メールやインスタントメッセージにおける不審なリンクに注意し、一見慈善団体からのメールであっても偽装されている可能性をふまえ、メール内のリンクへアクセスせず、ブラウザから団体のサイトへ直接アクセスするよう同社では勧めている。

また、ウェブ上のフォームで個人情報の入力など求める詐欺サイトもあり、個人情報などを誤って提供しないよう注意を呼びかけている。

100115st.jpg

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加